イラストレーターという職業で、10年間働いています。



年々お仕事が減っていき、子供も小学生に上がって習い事も増えて、旦那さんのお給料だけでは、貯金が出来ないので、外で働く事にしました。



学校の非常勤講師にエントリーしていたら、面接に受かり、技術面もパスして、晴れて採用されました。



いざ授業が始まって、しまった...と思った事。

講師って、腕時計が無いとダメだと思いました。



1コマ90分を考えながらの講義や指導で、いつも一人で絵を描いている時は、時間配分とは無縁な生活をしてきたのですが、時計が無いと、学生全員の作品を見てあげられなくて、初日、タイムアップになってしまいました。

初日が大失敗しました。



「と、時計、必要...!」と思い、帰り道、すぐにデパートの時計屋さんに駆け込んで、腕時計を購入しました。



学校なので、シックで、自分の好みで、秒針の物。

高校生以来でした。



絵を描く仕事なので、いつも指輪を外している私ですが、(紙を抑えたり、色々と邪魔になるのと、 汚れるので)

付けてみると、ピシッと身がしまった思いがして、よし、がんばるぞ!という気持ちにさせられます。

ちなみに最近マイケルコース時計 メンズが気になっています。
腕時計を自分用や贈り物として買うときには、後悔しないよういろいろ注意するべきことがあります。

まず腕時計の注意点ですが、傷つきやすい素材であったり、防水性能に差があったりするのでよく見ておきましょう。

サファイアガラス風防は、ガラスの部分では傷が最もつきにくい素材なので、これが望ましいですね。

他にも商品やお店ごとに保証の有無があります。

意外とつけてみると重いといった違いもあるので、実際に試着させてもらうためにも、ネットで買う場合も含めて店頭に足を運んだほうがいいでしょう。

一方で贈り物として時計を買う場合は、まずなんといっても贈る相手の好みを知ることです。

これが一番重要と言えるでしょう。

年齢や性別によって好みは違います。同じような世代で、同じ性別の人に聞いてみるとヒントになるでしょう。

もう1つは、腕時計にこだわりをもっている人かどうか、という点ですね。相手が詳しい人であったり、そうでなくともこだわりを持つ人であると、贈った時計が気に入られない可能性が高まります。

こういった場合は、直接どんな時計が欲しいか聞いた方がいいです。

また、贈る場合はベルトも配慮した方がいいですね。

自分用であれば、後で付け替えればいいのですが、贈る場合はあらかじめ配慮した方がいいでしょう。

安っぽいベルトだと、贈り物としてはふさわしくないです。